常識を捨てて海外生活を始めるべき理由【不安から逃げられない訳】
Pocket

 

海外に行くなら、今もっている常識はきっぱり捨てる事。

なにもかもリセットできる人が、海外生活を自分のものにする。

 

この記事を読んでいるあなたは、海外生活をしたいと考えているけれど、実際やっていけるのか不安でたまらないはずです。

海外に行きたい気持ちは強いのに、ただただ不安でいっぱいだよ。
海外と日本だと、送る日常が全く違うはずだし・・・

その通り!日本では通じるのに、海外では通じない!なんて日常茶飯事だよ。
だから、カルチャーショックを受けて、やりきれない人が出てきちゃうんだ。

 

カルチャーショックを受けるのは、当たり前の事。

だからこそ、どんなカルチャーショックでさえも受け入れする事によって、あなたの海外生活ががらりと変わってくるんです。

本記事では、今もっている常識をきっぱり捨てる事がなぜ、暮らしやすい海外生活が出来るのかの理由を解説していきます。

海外生活をして気づいた事は、海外で起きるどんな事も楽しむ事が必要だって事。
海外行く前に知っておきたかった。

 

この記事を最後まで読むと、どんな心得で海外入りしたらいいのか分かり、今あなたが抱えている「海外でやっていけるかどうか不安」の気持ちをを取り除きます。

 

本記事のポイント
・日本の常識は捨てていく
・郷に入っては郷に従え
・初めての経験を楽しんだ者が海外生活を制す
・想像していない事は普通に起きる
・受け入れて楽しもうとする気持ちを持つ
私も、日本を出る前は同じ悩みを持っていたよ。
どんな気持ちで海外入りするかってとても重要!
だからこそ、私からあなたに伝えたい事があるんだ!

日本の常識はいますぐ捨てる

pixel2013 / Pixabay

日本だったら・・・思考は止まらない

 

海外生活を始めて数日経つと、日本ならこうなのに、日本にいたらこんなことありえない、そう思ってしまう出来事は、日常茶飯事に起きます。

 

電話対応、接客態度、仕事態度、日常的な考えなど、多くのことに対し日本と比べてしまいがちです。

 

でもこれって仕方がないことで、どこの国の人でも自国と比べてしまう人はいます。
この思考は、とても通常だと思っています。

 

なぜなら、数十年以上も住んでいる場所、私たちだったら日本の常識や思考を、すぐに変えることは難しいと思うからです。

 

私も日本を出たばかりの頃は、海外と日本をよく比較をしていて、受け入れる事ができない事が何度もありました。

実は、文化の違いから、生活しずらいと思う事もあり、100%楽しんで過ごせていない時期が過去にあります。

 

海外に数年住んでも、基本的な考え方は変わらない

 

私は今年で、海外生活が7年目になります。
ですが、いまだに日本だったらな、と比較して考えてしまうことはあります。

 

今でも、海外のやり方に納得いかない事だってあります。

 

海外に長く住んでいようが、思考を完璧に変えることは難しいです。

 

でも海外に住むと決めて、受け入れし難い状況を持ち続けるのは、自分の負担になります。

 

常に反発心を持ちながら、慣れない土地で生活していく事は、体に大きなストレスを抱えさせています。

 

では、私がどのようにして、日本の常識や思考を持ちながらも、未だに海外で生活していけているのでしょう。

 

 

郷に入っては、郷に従え

 

あなたには、日本に住んでいる外国人の友達がいます。
彼は日本で生活して数年が経つのに、未だに「自分の国では・・・」と文句ばかり言っています。

 

どう感じますか?

 

私だったら「いやいや、 日本に来たんだから、日本のやり方に従ってよ」と、思うと思います。
そんなに自国と比べて、自国が良いのであれば、自国に帰ればいいじゃんって思います。

 

それと全く同じことが、私たちにも言えます。

 

日本の常識や考え方と、外国の常識や考え方を比べ続けることは、正しいことではないと私は思っています。

 

各国には、各国なりの常識や考え方があります。

 

だから、海で生活したいと思うのであれば、その国の常識や考え方に従うべきなんです。

 

その方が、生活しやすいです。

 

どんなにあなたが反発心を、抱いてもそれが変わることはありません。
だったら、あなたの考え方を切り替える方が、簡単なのです。

 

すぐに切り替える事は、難しいですが、海外に行く前のあなたなら、今から心得として準備することができるはずです。

 

海外に行きたいのなら、日本の常識は持たない

 

日本に長く住んでいる分、日本の常識や考え方が、身についてしまっている事は仕方がないことです。
私も同じように、未だに身に付いていますし、完全に変わることもないと思います。

 

ただ、海外に行ってその国の常識や考え方に、いつまでも反論し生活し続けることは、自分の首を絞めることと変わりません。

 

はっきり言って、疲れます。

 

だから、日本の常識や考え方を、そのまま海外で適応させたいのであれば、海外に行くべきでないと思います。

 

なぜなら、それはあなたが海外に行って、苦しむことになるからです。

 

あなたがもし、日本の常識を捨てる事ができるよ、というのであれば、海外に行っても新しい事を吸収していく事に間違いはないです。

 

経験を楽しんだ者が、海外生活を制す

Shad0wfall / Pixabay

常に驚きのオンパレード

 

海外に来ると、驚くことがたくさんあります。
私が海外生活を始めた頃に驚いたことを、ざっくり紹介していきます。

 

・タトゥーががっつり全身に入っている銀行員
・会社でタトゥー話(見せあいも含む)
・奇抜な髪の色で、役所で働く
・スーパーなどで購入前に商品を食べて、食べ終わった袋を持ってレジに並んで清算
・公共機関が時間通りに来ないことが多い(もちろん謝罪なし)
・まだそれ使うの?という疑問を持つくらい、物を大事に使う人
・レジ員が飲食しながら仕事をする

 

これらは、驚いたことの一部にしかすぎないです。
日本にいたら、起きる事がない事が、海外にいるとあたりまえの様に起きます。

 

私たちが実際に見たことは、私たちの経験になります。
海外に来ると、文化の違いから驚くことが多いのと同時に、日々新しい経験を積む事がでるのです。

 

時間には限りがある

 

海外にいると、常日頃、驚くようなことが起き、受け入れることがどうしてもできない場合があるかもしれません。

あなたが受け入れられなかったとしても、その国では受け入れられているのであるなら、受け入れる事がいいと思います。

よく考えてみてください、海外に入れる時間には限りがあります。
限られた時間の中で、 1個でも多く新しいことを経験したいんじゃないですか?

 

だったら、解決する事がない反発心を持つことに時間を使うのは、非常にもったいないです。

 

色々な経験をしたいがために、海外に行きたいんですよね?

 

であれば、いくら受け入れしがたいことだとしても、その国の常識や考え方なのであれば、受け入れすることがあなたの海外生活の充実に直結しています。

 

予期しない事は普通に起きる

 

海外で生活をしていると、予期していないことは突然起こります。

 

私の場合だと、オーストラリアに到着した2日目に、シドニーの中心街でスリに遭いました。
スリにあったその次の日に、宿泊していた友人のシェアハウスから、追い出されました。
この2件は、シドニーに着いて3日間で起きた出来事です。

 

シドニーに出発する前は、全く予期していませんでした。

 

もちろん、他にも予期しない出来事は、何度も経験しています。

 

海外に行くという事は、色々な経験をする=想像していないことも起きる、という認識を持っておくといいと思います。

 

予期しないことが起きたとしても、私たちはそれを対処しないといけません。
その対処から学ぶことがあります。

 

どうすれば、次からスリに合わない様に用心できるのか、は完全に学んだことです。

 

この学びでさえも、楽しめるようになってくると、より充実した海外生活を送ることができます。

 

例え、予期しない出来事が起きたとしても、その都度対処していけばいいんです。

 

だから、心配する必要はありません。

 

もし予期しない出来事が起きたとしても、あなたは必ず対処できます。
私も対処してきています。

 

海外に行って、何もハプニングがない方が、つまらないです。
ハプニングがあってこそ、こうやってネタとして話す事ができるんです。

 

常識がくつがえされる、それを受け入れる

 

海外では、日本で言う常識でない事が、普通に起きます。

それを、受け止められるかで、楽しい海外生活になるのか、それともつまらない海外生活になるのか、分かれてきます。

 

中には、受け入れし難いこともあります。

 

ですが、海外で起こる全ての事は、あなたの人生経験値をあげてくれることに間違いはないのです。

 

受け入れしがたい事が起きたとしても、受け入れる体制をしてみましょう。
受け入れ側になってから、気付くことはあるはずです。

 

その気づきはあなたの経験になります。

 

 

同じ経験をしていても、受け入れする、受け入れしない、でどんな海外生活を送るか変わってきます。

良いことも悪いことも含めて、日本で経験することができないことをできるのが、海外生活です。

 

受け入れて楽しみの多い生活にするのか、それとも受け入れせずに楽しみが少ない生活になるのかは、あなた次第です。

 

私の経験上、上手に受け入れて、受け入れた事を楽しめる人は、時間に限りのある海外生活を満喫している人が多いのは事実です。

 

まとめ

海外でやっていけるか不安なあなたが心得るべき4つ
・日本での常識は捨てる
・郷に入っては、郷に従え
・想像できない事は普通に起きる
・受け入れて、楽しむ

 

誰でも海外に行く前は、ちゃんとやっていけるか不安な人がほとんどです。
私もそのうちの一人でした。

海外には、日本とは違う海外の常識や考え方があります。

それを受け入れすることができると、海外生活を100%楽しむことができます。

 

あなたの持っている常識と考え方は、日本ベースです。

 

あなたは日本でなく、違う常識と考え方を持つ外国で生活をしようとしています。

 

その国のやり方に従う事が、あなたの海外生活をより充実したものにさせてくれます。

 

私の経験上からも「郷に入っては、郷に従え」と考え方を変えてから、海外生活がより楽で、楽しくなっています。

 

海外に行く前に心得ることは、日本の常識を持って行かない。
どんな事でも、初めてのことであれば、その状況を楽しむ、これが海外生活をしていく事で大切な事です。

 

これから送るであろう、あなたの海外生活を楽しいものにして欲しいと、心から願っています。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。ブログの更新情報や「今すぐ使える恋愛英語フレーズ」をメインに、Twitterでも発信しています。フォロー(@misiinengland)してくれたらとても嬉しいです♪

Twitterもやっています!是非フォローしてね!

おすすめの記事