日常英会話を始めるなら今!これから勉強を始める方へ伝えたい心得
kaboompics / Pixabay

前回、日本に一時帰国した時に外国人観光客が多い事にびっくりした記憶があります。

外国人観光客が多くなってきている今、色々な場面で彼らと接する機会が増えてきているのではないでしょうか?

 

彼らと話をする時にもっとも使われるであろう英語。

 

日常英会話を話せたらな、と思う人は多いんじゃないでしょうか?

 

本記事の内容
日常英会話を話したい。
でも今まで特に勉強してこなかったから何からしていったらいいのか分からない。

 

そんなあなたに、日常英会話の学習前にに取り組むべき心得を紹介していきます。

 

 

日常英会話の学習前に取り組むべき心得

MiguelRPerez / Pixabay

 

英会話は今後必ず必要となるスキルです

 

日本に来る外国人観光客は増えましたよね。

 

日本にいる友達から「今電車の中で私しか日本人いない」っていうLINEがきた事があって、驚いた記憶があります。

 

私の周りでもここ数年で旅行で日本に行った、という人は多いです。

 

さて、あなたのバイト先に、外国人韓国客は来ますか?

 

そういう経験がある人の方が多くなってきているんじゃないかな、と思います。

 

話してみたいけれど英語が話せないからな。

 

外国人と話すことに興味はあるけど、英語ができないから話すきっかけがない。

 

 

なんて、日常英会話をちょっとでも勉強してみたいと思っているあなたに一言。

 

 

今は、英語が全く話せなくても大丈夫です。

 

誰でも最初は話せないですからね。

 

 

英会話が出来る様になってくると、日本に遊びに来ている外国人観光客はもちろん、旅行先で仲良くなった外国人と話す事に抵抗がなくなって、新しい楽しさを得る事ができます。

 

もちろん、世界中に友達ができます!

 

 

だから、英会話学習しないのは勿体ない事しかないんです!

 

 

英会話に興味を持ってくれたあなたに伝えておきたい事があります。

 

 

英会話学習方法に取り掛かる前に、心得ていて欲しい事があるんです。

 

 

分からない事に「Yes」と言ってはいけない

 

英会話学習をしていくにあたって、やって欲しくない事があります。

 

相手の言っている事が分からないいのに「Yes」とは言わないで下さい。

 

これって、日本人によくありがちなクセなんです。

 

しかも、にこにこしながら言う人多いので、相手に「理解してくれているのかな?」と勘違いさせてしまいます。

 

分からない事に「Yes」というのはやめる、という事だけ、気を付けて欲しいんです。

 

 

なぜならば、英会話の上達の妨げになるからです。

 

あなたが本気で英会話を取得したいのであれば、やめましょう、という事です。

 

 

なぜ妨げになるのか、それは分からない事を分かろうとせず、「Yes」という回答で終わらせてしまうからです。

 

 

英語を勉強し始めたばかりだと、理解するのが大変な事ばかりです。

 

会話の99%が分からないことだってザラにあるんです。

 

でも、それでも分かったフリをしないで欲しいです。

 

今後、英会話が出来る様になってきても、これは基本です。

 

分からないのに「Yes」と答えると、だんだんとクセになっていってしまうんです。

 

私がそうだったんです。

 

分からない事に「Yes」と答えて、分かろうとしていなかった事があります。

 

だから今、その時を後悔しているんです。

 

これから英語学習をする方には、同じような遠回りをしてほしくありません。

 

私が後悔した出来事を次章で紹介します。

 

分からない事はかっこ悪い事でない

 

パートナーと出会いたての頃の私は、ネイティブである彼と話す事が楽しみの内の1つでした。

 

そんなある日、悲劇が訪れます。

 

何気ない会話を楽しんでいた私達。

 

彼が話した事がよく分からなくて、聞き返したんです。

 

すると彼は、「この間も、その前もこの話教したよね?」と私に聞いてきました。

 

少し強い言い方で。

 

私も私で「そうだっけ?」と返したら、彼は「君はあの時Yesと言っただろう?確認したよ?」って回答が返ってきました。

 

私の中では言った覚えはなかったのですが、普段怒らない彼の期限がめずらしく悪くなったので、彼が言っている事が事実だったんだと思います。

 

「今までこういう事何度もあるよ?理解していないのに、分かってたフリしてるの?」と、畳み掛ける様に聞かれてしまいました。

 

私の中で分からない事に対して「Yes」と答えていた自覚はあったので、何も答える事ができませんでした。

 

分からない事がかっこ悪いと思っていたから、とりあえず分かったフリしておこう、という私の考えが彼を怒らせました。

 

理解していない会話をするのは無意味な時間だ、と彼は言いました。

 

 

大反省した私は、分からない事に「Yes」は言わないようにする事を約束しました。

 

 

この時に思ったのが、英語で分からない事があって当たり前なんです。

 

 

英語は私たちにとって第二か国語。分からない言葉があって当然です。

 

分からないのであれば分かろうとしないと、上達は出来ません。

 

 

片方だけでも理解していないコミュニケーションはコミュニケーションではないのです。

 

 

伝えようとする気持ちが大事

 

分からない事に「Yes」と言わない方がいい事が分かった。
でも英語が全然分からない、そんな時はどうすればいいの?

 

 

まずは、簡単な単語は覚えていくようにしましょう。

 

 

私のパートナーと日本にいる私の家族はいつも簡単な単語のみで意思疎通を図っています。

 

 

私の両親は2人共アラシックスティで英語は全く話せません。

 

パートナーは簡単な英単語を使って、コミュニケーションを取っています。
(日本語もっと勉強してくれればいい話なのですが・・・)

 

会話はほぼ英単語のみ。

 

それでも彼らの意思が疎通するのは、分かるまで何度も伝えようとしているからです。

 

単語だけでもコミュニケーショは取れるようにはなるんです。

 

話し手の伝えたい気持ちが、どうやって聞き手に伝わるのかも大事な所。

 

 

英会話学習をこれからを始める予定のある方、分からない事を分からないあままにしない事、そして伝えようとする気持ちを持っておく事を、頭に入れておいて下さい。

 

 

では心得ができた所で、どうやって勉強をしていけばいいのかを解説していきます。

 

 

日常英会話を0から始めよう

libellule789 / Pixabay

 

分からなくてもいい、英語に触れる事が上達への近道

 

最初から英語が理解出来る人はいません。

 

だから相手が何を言っているか分からないのは当たり前の事です。

 

最初はみんなそうです、私もそうでした。

 

だからまずは英語に慣れる事が大事なのです。

 

今だったらたくさんの外国人観光客がいるので、話しかけてみるのもありだと思います。

 

英語が分からなくてもいいんです。

 

英語に触れる事、それが大事なポイントです。

 

さすがにそれはハードルが高いという人は、好きな洋楽歌手の音楽を聴く、好きな洋画を英語音声で日本語字幕で聞いてみる、Youtubeで英語学習のチャンネルを見てみる、英語に触れる機会は家の中にいても作れます。

 

 

分からなくていい、まずは英語に触れる努力を自分からしていきましょう。

 

 

英語学習を始めよう

 

英語に触れる日々が増えてくると、英語に対する免疫も付いてきます。

 

英語に対しての恐怖心がなくなったら、本格的に勉強を開始しましょう。

 

独学で勉強してもいいし、早く上達したいなら英会話スクールに通うのもありだと思います。

 

独学はお金がかからないのと、自分のペースで勉強する分上達速度はスクールに通うのに比べ遅いです。

 

時間がかかってもいいから、自分のペースで勉強したい人向けですね。

 

英会話スクールに通うのは、お金はかかるけれど、勉強するペースが決まっている分、もちろん上達は早いです。

 

短時間で、勉強する環境を作ってもらいたい人向けです。

 

 

分からなかったらすぐに聞けて、すぐ解決できる事も大きなメリットです!

 

 

スクールに通うなら分からない所は徹底的に分かるまでやる事も大事です。

 

 

聞きすぎたら迷惑かな?とかは考えるのはやめましょう。
お金払ってるんだから、とことん聞いていきましょう。

 

 

私は両方の学習方法を経験しています。

 

私の場合は英会話スクールではなく、フィリピン留学に行っていました。

 

勉強は日々必要なものなので、継続してやる事が必要です。

 

ぶっちゃけた話、留学が終わってから継続して勉強できた試しがありません。

 

 

独学ですると決めた方は、強い気持ちを持っていないと続きません。

 

 

どちらの方法を選ぶにしても、勉強するのはあなたです。
自分の合う方を選択して、英語学習を始めましょう。

 

 

毎日10分でもいい、継続して英語に触れる事が大事

 

独学でもスクールでもどちらの英会話学習方法を選んでも、毎日勉強する事が上達への近道になります。

 

毎日英語に触れ、毎日10分でも英語学習をする事です。

 

すると、2-3ヵ月位してくると、相手の言っている言葉から、いくつか聞き取れる単語が出てくるんです。

 

 

単語が会話の中から拾えるようになってくると、英語勉強する事が楽しいと感じてくるんです。

 

 

これが、勉強を続けてできる、きっかけにもなります。

 

 

よく1ヵ月で英会話マスターする、などといった広告等を見かけますが、よほどの天才か、または1日に長時間毎日勉強をしている人でないと、はっきり言って難しいです。

 

ある程度の英会話が既に出来ているのであれば、マスターする事も可能かと思いますが、初心者スタートだと難しいです。

 

 

忙しい毎日の中で時間を作るのは、大変な事だと思いますが、1日単語1個覚えるのだけでもいいんです。

 

 

覚えた単語はすぐに使うようにすれえば、身に付きます。

 

身に付けた単語を会話の中で使える様になってくれば、英会話がより楽しいと感じてきます。

 

日常英会話の学習方法で1番大切な事は、毎日続ける事です。

 

結果が出ている人は毎日、勉強しているんです。

 

 

自分の言いたい事、相手の言いたい事が分かってくる

 

2-3ヵ月位で会話の内容が分かるようになってきます。

 

同時に、自分の意思もだんだんと伝えられるようになってきます。

 

今、自分はこう思う。こうしたい。

 

自分の意思を話せるようになってくると、英会話の上達もぐんと上がり、自分自身でどのくらい会話が出来ているのか実感する事ができるようになってきます。

 

それと同時に、もっともっと話したいと思う様になって英会話学習も継続してできるようになってきます。

 

自分の意思が話し相手に伝わって、相手の意思を理解できるようになって会話が成り立っていく。

 

英会話力0からここまでのレベルになるのが一番の山場かもしれません。

 

全く分からない言葉が出てくると不安になったりしてしまいがちです。

分からない事をあやふやにしてしまいがちです、

英語学習を毎日継続する事が難しいかもしれません。

 

でも、これを乗り越えた者にだけにしか分からない、英会話の楽しさをあなたにも感じて欲しいです。

 

まとめ

klimkin / Pixabay

 

日常英会話を取り組もうとする前に心がける事
・分からない事に「Yes」と言わない
・分からない事はかっこ悪くない
・英語で伝えようとする気持ちを持つ
・英語に毎日触れよう
・継続して学習する者のみ上達

 

2020年には東京オリンピックがあり、世界中から色んな国の人が日本にやってきます。

 

外国人観光客もどんどん増えていくことでしょう。

 

英語が話せると良い事しか思い浮かびません。

 

英会話学習に興味を持ったなら、始めましょう!

 

色々な勉強法がある中で、自分にあった勉強方法が見つかるはずです。

 

どんな勉強法を選んだとしても、分からない事を分からないままにしない事
伝えようとする気持ちを持ちながら話す事を忘れずにやっていけば、英会話は上達します。

 

 

では、記事は終わりになります。
ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。ブログの更新情報や「今すぐ使える恋愛英語フレーズ」をメインに、Twitterでも発信しています。フォロー(@misiinengland)してくれたらとても嬉しいです♪

Twitterもやっています!是非フォローしてね!

おすすめの記事