【プロフィール】英語力0の銀座ホステスが海外で生活する様になった話
xusenru / Pixabay
Pocket

初めまして。当ブログにお越しいただき、本当にありがとうございます。
このブログを書いているみしー(MissyUK3)と申します。

ここでは、私がどんな人物であるのかを紹介します。
流し読みで構わないので、気軽に読んでいってください。

簡単なみしーのプロフィール

ココナラでこんなに可愛く似顔絵書いてもらいました~!

現在の住まい イギリス
出身地 東京生まれ、東京育ちの江戸っ子
趣味 海外旅行、食べる事、コーヒー、料理、家庭菜園、DJ(Techno、House)、パーティー
既婚・未婚 未婚(5年半の事実婚を経て、2019年12月婚約)
仕事 バリスタ・事務員

 

イギリス在住のアラサーです。
イギリスではヨークシャー州のある郊外で、オーストラリアで出会ったイギリス人の彼とひっそりと暮らしています。

都会が大好きな私ですが、現在は田舎ライフをエンジョイしてます。

 

ブログのコンセプト

Vic_Padilla / Pixabay

 

ずばり「海外に行きたいアラサー女子を応援」です。

「海外に行く事に興味はあるけれど、もうアラサーだしなぁ・・・」

アラサー世代になると、特有の「悩み」や「不安」を抱え始めますよね。
やりたい事が出来ても、なかなか決断しずらい環境だったりします。

でもね、10人いれば10通りの生き方があっていいと思うんです。
やりたいと思った事はやる、行きたいと思った所に行く。

「アラサーだった時に、チャレンジしとくべきだった・・・」
10年後にそう後悔する日がやってこない為に、私があなたの背中を押したいと思ってます。

 

ブログでやりたい事

DzeeShah / Pixabay

 

このブログで伝えたい事、発信する事は、主に2つです。

 

・アラサーから始める英語学習
・年齢に縛られない人生を送る

 

Twitterでも発信しているので、よかったらフォローしていただけると嬉しいです。

では2つの伝えたい事について、もう少し掘り下げていきます。

 

①アラサーから始める英語学習

 

「アラサーから、英語の勉強をするには遅すぎる」

 

アラサーだからを理由に諦めてしまうなんて、そんな勿体ない事ありません。

今ちょうど私がアラサーで、英語学習をしている最中です。
私は実際に英語学習をしていますが、遅いと思った事は1度だってないし、むしろ今だからこそ勉強をしていてよかったと心から思っています。

 

英語学習をしていて思うことは、始める年齢に早い遅いは関係ないという事。
そして、始めるなら1日でも早い方がいいです。

英語力0だった私ですが、英語を話せるようになってからの人生は180度変わりました。

 

・日本以外でも生活する事ができる選択肢の広がり
・英語が話せるようになったことで得た自信・優越感
・世界中の人と交流する事が出来るようになって、視野が広がった

 

英語学習を始めていなかったら、絶対に得る事はできなかった事ばかりです。

英語が話せる事は、損をしないスキルです。
1度身に付けてしまえば、永遠に使える事ができる。

今英語学習を始めておけば、10年後きっと「アラサーからでも、勉強しておいて良かった」と思う事でしょう。
だからこそ、このブログを通して、英語学習を始めるアラサーを増やしたいです!

 

②年齢にしばられない人生を送る

 

海外に来てから、年齢はただの数字であると気づかされました。

「いくつになっても、挑戦する権利はある」

それなのに、実際は挑戦できない人が多いです。

 

「アラサーだし、そろそろ歳考えないと」
「アラサーだし、〇〇しないといけない年代だしなぁ」

 

日本にいると「アラサー」という言葉が、特別にフォーカスされているなと感じています。
日本女性の平均寿命は、87.32歳(2019/7調べ)だという事を知っていますか?

人生のまだ約1/3しか生きていないのに、もう挑戦できない事があるなんておかしいと思いません?

「アラサー」という言葉に、支配される必要はまったくありません。

私は、アラサーという年齢に縛られず、やりたいことをする人生にしたいです!

私も過去に「アラサーだからなぁ・・・」と、年齢を考えて諦めてしまう事がありました。
でも年齢で出来る事、出来ない事を区別するっていう事が、間違っていると思うんです。

「やりたい事があったら、とにかく挑戦する」

「アラサーなんだから~」なんて言われたとしても、気にせずガンガン挑戦する事を楽しんでいます。
私も同じように、「アラサーだからやってはいけない」と思い込んでいた事もあったし、悩みを持っていたからこそ、このブログを通して「年齢に縛られない人生を送る」人が増えていって欲しいと思ってます。

 

 

 

悩みを解決したり、便利グッズも紹介したい

SarahRichterArt / Pixabay

 

海外生活を通してだったり、アラサー世代として便利だと思うモノ、ちょっとした役立つ情報も発信したいと思っています。

同じ年代として、悩みは似ていると思います。
似た悩みを持つ同士、少しでも力になりたいです。

私が実際に試して「これは良かった~!」と思えるグッズなども、紹介していきます。

人に言えないような悩みなども、是非教えて欲しいです。
同じアラサー世代同士、一緒に悩みを解決していきましょう!

 

みしーの過去の経歴

Daga_Roszkowska / Pixabay

 

ここからは、私の経歴を書いていきます。
共通点などがあったら、素直に嬉しいです。

こんな人(みしー)でも、海外に住んで生活できてるなら「私も出来そうじゃん!」って思ってもらいたいんです。
1人でも多くの方が、海外に行く決心がつくといいなって思ってます。

高校~短大~商社OL

 

週2-3回日サロ通い(上野のイリオスによく行ってました!笑)に、ムラシャン必須の髪色+頭にひまわりの花を乗せていたギャル生活一色の高校時代。
すれ違ったお父さんに娘だと、気付かれない事も。笑

高校を無事卒業し、都内女子短大の英文科に入学。
バイトでキャバをしながら、なんとなく毎日を過ごしていました

短大卒業後は、憧れだった商社のOLとして働き始めます。
OLだけの給料では足りないので、副業でキャバや銀座でホステスでお小遣い稼ぎをしていました。

2時間だけ寝て、次の日出社する。
こんな生活を週3日送っていました。若いってすごいな~。笑

 

世界一周旅との出会い

 

夜の仕事が終わった後、月に1-2回細客としてホスト遊びをしていました。
そこで、あるホストに出会います。

この彼との出会いが私を変えました。

彼がホストをする前に、世界一周旅行をしていた事を知ります。

今でこそ世界一周する方は多いですが、8年前はまだまだ珍しい事だったし、そういう旅の仕方がある事に衝撃を受けました。

 

「へぇ、こんな旅の仕方があるんだ!!」

 

「世界一周の旅」という存在を知ってからは、ブログや本を読み漁る毎日。
いつか私も行きたい、と強く思い始めます。

OLの仕事は同じ事の繰り返しで、刺激のない毎日が続いてました。
何の目標もなく、ただただ毎日を過ごしていた私は決めました。

「世界一周の旅に私も行っちゃえ!」

世界一周に向けての準備を始め、約4年勤めた会社を退職しました。

まさかホストに行っていた事が、日本を出るきっかけになるなんて。笑

きっかけは何であれ、「世界一周」という旅の仕方を教えてくれた彼には、ある意味感謝してます。
ホストに行って遊んでた理由も、何か変わった楽しい事がしたかったのだと思います。

 

海外で生活する事の楽しさを覚える

Pexels / Pixabay

 

当時、世界一周に行く前の準備として、フィリピン留学をして軽く英語を話せるようになっておこう、という流れが流行っていました。
その流れにのって、フィリピン留学に行く事も決意。

フィリピンでの生活は、学生に戻ったみたいで毎日が本当に楽しかったです。

留学先で知り合った友人たちのほとんどが、フィリピンで英語を勉強→オーストラリにワーホリに行く人が多かったです。
それに影響されて、オーストラリアにも行ってみたいな、と思い始めます。
「まぁ今は自由の身だしな」と思って、ノリでワーホリに行く事を決意。

フィリピン留学が終わって2か月後、渡豪。
フィリピンとオーストラリアに住んだ事によって、海外で生活することが楽しいと心からさを覚えました!

 

イギリス人彼と出会い、そして渡英

StockSnap / Pixabay

 

オーストラリアで、私と同じようにワーホリで来ていたイギリス人の彼と出会います。
偶然にも私たちは、3日違いでオーストラリア入りしていたので、Visaが切れるタイミングが同じでした。

2015年の1月、軽い気持ちでYMS(イギリスワーホリ)に応募。

当時のYMSは、1年に1度1000人だけが抽選で当たるものでした。
毎年3万人くらい応募するみたいなので、倍率は1/30。

「応募するのはタダだから~」「彼氏がイギリス人だしね~」と、ノリで応募。
そして、まさかの当選。笑

正直、イギリスに行きたいと1ミリも思っていませんでした。
だれど、YMSに当選したって事はイギリスに行くべきなんだ、と思いました。
少しだけ運命も感じました。笑

2015年のクリスマス前に渡英。
そして、2017年にパートナーVisaを申請しました。

 

現在まで

Pexels / Pixabay

 

イギリスに来てからは、バリスタになる事を決めていました。
バリスタ経験0からの挑戦でしたが、あるシティで1番有名なコーヒーショップのシニアバリスタ(上から2番目)のポジションにまで、なる事ができました。

29歳の夏、ずっとやりたかったヒッチハイクでヨーロッパを旅しました。
2019年の12月、長かった事実婚から婚約する事になりました。

オーストラリアで彼に出会っていなかったら、今頃世界一周の旅も終わって日本で生活していたのかな?と思うと、ぶっちゃけ複雑な気持ちです。

本気で本気で、世界一周したかったから。

でも、今の彼と一緒にいる道を選んだ事に後悔はありません。
世界一周の夢は、叶えようと思えば、まだ叶える事が出来るのでね。

今でも世界一周する事が、私の本気の夢です。

だから、生きている間に絶対叶えます!
いくつで叶えられるか分からないけれど、おばあちゃんになったとしても必ず叶えます!

何歳になろうが、夢は持つべきだし、叶えにいく。

年齢にしばられない人生を送り続けていきます!

 

SNSアカウント

GDJ / Pixabay

 

Twitterでは、年齢に縛られない人生を送る・アラサー女子を応援・0から始める英語学習をメインに発信しています。海外生活・国際恋愛についても、たまにツイートしています。
よかったらフォローしてくださいね!

Twitter→https://twitter.com/MissyUK3

Instagram準備中

みしーの欲しい物リスト

vidiaviola / Pixabay

 

みしーを応援いただける人、心優しい方へ。

みしーの欲しいものリストはこちらです。
みしーのAmazonの欲しい物リスト

東京の実家に届く設定になっています。
商品を受け取りに、一時帰国する理由が出来ます!笑

 

さいごに

Free-Photos / Pixabay

 

ここまで読んでくださってありがとうございます。

このブログを見て、 少しでも多くのアラサー女子たちが、海外行きを決断できるきっかけになってくれzたら嬉しいです。
そして、アラサーならではの悩みを解決できたら、最高です!

こういうことが知りたい!こういう物のレビューをしてほしい!などございましたら、下記のお問い合わせフォームにてご連絡ください。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。ブログの更新情報や「今すぐ使える恋愛英語フレーズ」をメインに、Twitterでも発信しています。フォロー(@misiinengland)してくれたらとても嬉しいです♪

Twitterもやっています!是非フォローしてね!

おすすめの記事