アラサーが抱える結婚・出産のプレッシャーを解放する!【十人十色】
Pexels / Pixabay

 

アラサーになったからって結婚・出産のことを考えることは無意味。
色んなアラサーがいていい。

 

この記事を読んでいるあなたは、アラサーになった事で、結婚や出産のことを考え始めているはずです。

アラサー=結婚・出産を考えないといけない年齢であるというプレッシャーがあります。

確かにアラサー世代で結婚・出産をする人は多いよね。

今の所、予定が立っていないから焦ってます・・・

 

アラサーだからを理由に、結婚・出産をしないといけない決まりはありません。

 

この記事を読むことによって、年齢だけで結婚や出産のことを考える必要はないと思える考えられるようになり、今まで感じていた見えないプレッシャーから解放されましょう。

 

私もちょうど30歳のアラサー世代です。
海外に来て色んな人に出会い、年齢だけで決めつけられてしまう事は間違っていると思うようになってから、勝手に感じていたプレッシャーから解放されました。
プレッシャーから解放された今の私は、私の思うままにアラサーライフを楽しんでいます。

 

本記事のポイント
・色んなアラサーがいていい
・年齢だけで結婚・出産を考える事は無意味
・「アラサーだから」を理由にしない

アラサーだからを理由にしない

nicolagiordano / Pixabay

 

女は30歳までじゃない、30歳からだ

 

「女で30歳過ぎたら売れ残り」「女のピークは30歳まで」

よく聞く言葉なんですが、これについて私はあることに気付いたんです。
この2つの言葉って、明らかに男性からの目線であること。

 

男は一方的に女を選ぶ・判断する立場でないはずなのに、男性目線の意見が表立っていることに、不信感を感じています。
なぜ男性目線の意見が、私たちアラサー世代をジャッジするるのか不思議で仕方ないです 。

 

アラサーだから、30歳だからを機にジャッジされる必要はまったくないし、何を根拠にそう言うのかが全く分からないんです。

そもそも、年齢でこれはできる、それはできないと判断する必要はないと思います。
本人ができるならできるし、できないならできない。

 

周りに判断されるよりも、自分たちのことは自分たちが一番分かっています。
要するに、あなたが「女は30歳までじゃない、30歳からだ」と思う気持ち次第で変わってくるという事です。

 

周りがどう思うではなくて、あなたがどう思うかが大事な事なのです。

 

アラサーって言葉があるのは日本だけ

 

海外生活を始めて気づいたことがあるんです。
アラサーを一つの言葉として使っているのは、日本くらいではないかという事。

 

私たち日本人が使っている「アラサー」の使い方は、英語では存在しません。
”around thirty” で年代別にする事はありますが、アラサーだから〇〇をすべきだ、などという考え方は一切ないんです。

 

なぜ日本では「アラサー」という言葉に敏感なんでしょうか?

 

アラサーになったからといって、急激に老いるわけでもない。
アラサーでも綺麗な人、魅力のある人はいっぱいいる世の中です。

 

多くの経験をしてきているアラサー世代だからこそ、色んな考えをできる人が多い。
色んな考え方が出来るって人生においてプラスな事しかないと思うんです。

だから、アラサーというだけで必然的に決められてしまっている事がある事実に納得がいかないんです。

 

海外でできた友達にアラサー世代について聞く事がよくあるんです。
大体下記のような答えが、毎回返ってきます。

「年齢って関係ある?」「年齢を気にする事がそんなにも大事?」
「年齢で決められる人生を送るなんておかしい」

 

「アラサーである事」について、話のトピックとして上がってくる事がないんです。
年齢はただの数字だと、考えている人が多いからこそだと思うんです。

日本人の私たちは、自分自身でアラサーである事に、引け目を感じてしまっている背景があると思います。

 

色んなアラサーがいていい

 

アラサーだから、結婚して子どもを育てる人生を送らないといけない事はありません。
もちろん自分が望む事であれば、それでいいんです。

 

ただ私は、〇〇でないといけないという考え方が好きではないんです。
色んなアラサーがいていいと思うんです。

 

私の周りには、色んなアラサーがいるので、少し紹介したいと思います。
みんな仲良くしている友達になるんですが、色んな人生がありすぎて楽しいです。

 

・彼氏を追いかけてイギリスに来た子
→英語が全く話せないのに、勢いで来た彼女。
今はイギリスで英語学校に通っています。
・チャンスがあるまで海外に住み続けたいと思っている子
→オーストラリア、カナダに住んだ経験あり。
来年から南米にワーホリ行く予定。
・30歳になって、新たなキャリアに進む為にアメリカの大学院に入学
→韓国・ハワイに住んだ経験あり。
今はアメリカの永住権取得を目指しています。
・30歳になって一軒家購入した子
→仕事を頑張るプレッシャーをかけるために購入を決断
独身ライフ楽しんでいるようです
・結婚式を挙げた後に、単身渡豪
→ どうしてもオーストラリアに行きたい気持ちが捨てきれず、結婚式を挙げ、新婚旅行に行った後に1年間オーストラリアに行く。
今は日本語学校教師を目指して勉強中
・26歳までに離婚を3度経験
→元旦那1人につき、1人ずつ子供を預かったので3人の子供を持つシングルマザー
今は、バーの雇われ店長をしながら子供3人を育てている
・13歳の子供がいる銀座のお姉さん
→17歳で初出産し、シングルマザーになることを決意
8年近く銀座のホステスとして頑張っている
・16歳で結婚・出産・不倫して離婚
元旦那と子供3人授かって、他に授かった1人と合わせて4人の子供を持つシングルマザー
色々と問題を抱えながらも、1人で頑張っている

 

まだまだいるんですけど、割愛します。

同じ世代でも、いろんな生き方があるんです。
色んな生き方があっていいんです。

むしろ色んな生き方があるのが、当たり前なんです。
1つの生き方だけが全てではないんですよ。

 

私の場合だと、今のパートナーと事実婚をして、海外に住んでいます。
今後、結婚するかはまだ決めていませんが、する時はするし、このままずっとしない事もあるかもしれません。
子供もまだ予定は立てていません。

 

「アラサーだから」は今日で卒業

 

普段「アラサーだから」と何気なく使っていることがあると思います。
今日からそれを言うのを、やめにしませんか?

 

アラサーを理由にしてしまうって事は、アラサーである事に何かしらのマイナスを感じているからだと思うんです。

 

アラサーだから、やらないといけないことってありますか?
やっていけないことがありますか?

そんなの一つもありません。

アラサーだから逆に何なんでしょう?
なぜアラサー女子ばかりが、取り上げられるのか?

 

そこには根拠となる物もないし、特別な理由だってありません。

 

アラサーであったとしても、自由にする権利はあります。

 

だから今日から「アラサーだから」なんてマイナスに聞こえてきてしま言葉を使うのは、辞めましょう。

 

アラサーだから結婚・出産の考えは古い

Mariamichelle / Pixabay

 

年齢で結婚・出産を焦るのは辞める

 

暗黙のルール「アラサー=結婚・出産」に沿っていく必要は全くないという事。

 

「アラサーになったから、結婚しないと。出産しないと。」と多くのアラサー世代が考え始めます。

出産に関しては、色々な研究結果が発表されていて30歳を越えはじめると、障害を持った子が産まれやすくなるなど言われたりしています。
これについては、私は専門家ではないので正論、不正論かは分かりません。

 

事実、世界中で多くの女性が30歳を超えて出産をし、そして障害のない多くの赤ちゃんが生まれてきています。

 

最近では、歌手の華原朋美さんが45歳で、出産された事が話題になりました。
多くの女性に、希望を与えてくれた出産であったと、私は感じました。

 

私の友人の中にも、35歳を過ぎてから初出産を経験している人は多いです。

 

障害を持った子が生まれてくる、などという少しネガティブな事は、私たちの記憶に残りやすいです。
だからこそ余計に、30歳までに結婚・出産をした方がいいなどと思われてしまっているのかなと思うんです。

 

そういう可能性もあるというだけであって、若く出産したとしても可能性はあります。
だから、結婚・出産に焦る気持ちを持つ必要はないと思うんです。

 

本当に望んでいる物

 

アラサーだから結婚・出産しないといけない?
であれば、結婚・出産ができたらそれで満足できるのか?

 

結婚・出産が、ゴールなわけではないと思うんです。

 

あなたが本当に望んでいるものはほかにあるはずです。

この人となら、なんでもシェアしていきたいと思う人と結婚して、その人との子供を作る事を望んでいるんじゃないですか?

 

もし、結婚・出産をする事だけにこだわっているのであれば、相手はすぐに見つかると思います。
でも、そうではないですよね?

 

なんでもシェアしていきたい、そう思えるような人に出会えた時に、結婚をしたいと考える事が出来て、その先に出産があると私は思っています。
だから、年齢だけを見て、結婚に焦っても何も意味がないと思うんです。

 

周りを見て焦り始める本心

 

24歳になる直前で日本を出た私は、20代後半を日本で過ごしていません。
それでも、日本にいる友達の結婚話を聞くと、焦る時もありました。

アラサーになると結婚ラッシュがすごいですもんね笑

27歳から現在進行形で、結婚ラッシュが続いています。
だから、日本にいるアラサー女子のあなたは、私よりも焦る気持ちが強い事も考えられます。

数十件もの結婚式に行って、結婚という物を目の前にしたら焦りますよね。
私でさえも、結婚式の連絡をもらうたびに、自分はいつになるんだろうと焦っていましたもん。

でもね、焦っても仕方のない事なんです。

人生をシェアしていきたいと思える人と、結婚するのが望むものであれば結婚に焦ってもいい結果が出るとは思えないんです。

だから「周りがしているから」「アラサーだから」を理由にする結婚って、意味があるようには思えません。

結婚しているから、偉いとか正しいとかなんてないし、焦ってする程結婚はしないといけない物でもない。

自分のタイミングでしていったらいいんです。
人それぞれ違う人生がある。

だったら、結婚する時期が違う事が問題になることはないと思うんです。

 

焦っても仕方ない事

 

仲良い友達が次々結婚・出産していくと、本音は焦るかもしれません。

何度も言いますが、結婚・出産って焦ってするものではないです。
アラサーだから、しないといけない訳でもありません。

結婚・出産をあえて選ばないアラサー女子も、大勢います。
あなたが本当に結婚したい相手、その人との子供が欲しいのであればすべきだと思います。

 

私もいつかしたいです。
周りがしているから、アラサーだからという理由以外でしたいです。

人生はまだ長いし、まだまだ時間はあります。
だからこそ、焦る必要がないんです。

自分の思うがままの人生でいいんです。
少なくても私のアラサーライフは、自分の思うがままに生きれている事に満足しています。

 

まとめ

 

結婚・出産を焦るアラサー女子がおさえるポイント
・女は30歳からだ
・色んなアラサーがいていい
・年齢で結婚・出産を考える必要性はない
・焦っても仕方がない事
・自分の思うがままに生きよう

 

アラサーになると見えないプレッシャーを感じ始め、それがだんだんと私たちに焦りを感じさせます。
でも、焦った所で何かが変わる事なんてありません。

女性は30歳を過ぎたら売れ残りだなんて言っているのは、完全に男性目線からです。
そんな風に女性をジャッジする男性は、こっちから相手にする必要はありません。
年齢で判断する男なんて、その程度の可哀想な人なんです。

自分で自分をジャッジできていれば、それでいいんです。

アラサー女子の数だけ、生き方があります。

結婚・出産だけがアラサー女子がすべきものではありません。
本当に自分が欲しい物、やりたい事ができる今、自分が思うがままに生きていきましょう。

私も同じアラサー女子として、あなたのアラサーライフが楽しくなる事を応援しています。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。ブログの更新情報や「今すぐ使える恋愛英語フレーズ」をメインに、Twitterでも発信しています。フォロー(@misiinengland)してくれたらとても嬉しいです♪

Twitterもやっています!是非フォローしてね!

おすすめの記事